『薔薇十字館殺人事件』 最終話 - なんとジゼルが異母妹だった! / 金田一少年の事件簿

・・・ナニはトモアレ、『金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ』 が全て終了しますた。。

で、とりあえず ”薔薇十字館殺人事件” も最終話となり、物語の内容的に、

●ジゼルが異母妹であるコトをタカトーが認めた
● → だから約束通り (とりあえず) 警察に捕まった

という流れになるハズなので、今後の金田一では、タカトーの父親の謎を含めた形でジゼルも物語に再登場してくる可能性もゼロではなさそうな気配。。。

オレ個人的には、ジゼルにはキャラとして結構魅力があるような気がするので、今後何らかの形で関わってくるようであれば、扱い方がカナリ難しいとは思うモノのそれはそれで楽しみ。

・・・で、、

More
[PR]

by mystery_DsD | 2013-04-17 15:09 | 〓薔薇十字館殺人事件

『薔薇十字館殺人事件』 第13話 - 物的証拠はミルクの片袖だった! / 金田一少年の事件簿

驚愕!

物的証拠をスカートの中に隠し持っていたジゼル!!
タカトーにお尻を触られつつ、ついに言い逃れ不可能な状況に!!!

More
[PR]

by mystery_DsD | 2013-04-10 23:00 | 〓薔薇十字館殺人事件

『薔薇十字館殺人事件』 第12話 - 一部訂正。。。 / 金田一少年の事件簿

コチラの記事について若干の訂正。。。

> そもそも 『南の部屋には螺旋階段以外に出入りする方法はナイ』 という前提で初めて場所誤認トリックの
> 意味が出てくるのに、扉が普通に開くのだったら最初からこの部屋にミルクの死体を置いてテーブルを
> 倒した同じ状態にしておいても、
>
> ●ハジメ達が駆けつけた時にはミルクの死体だけで犯人の姿ナシ!
> ●1F南端のタカトーに罪をかぶせる!!
> ●何食わぬカオでジゼルは後から登場する!!!
>
> ・・・とゆー、ミルク殺しに関する要素は全てそのまま実現できる

・・・と、思ったのだケド、考えてみると、コレは比較的早い段階でこのトリックが分かったからそう思えているだけのコトで、

ミルクの死体が発見された部屋 犯人がいなくて一種の密室状態と言えた

というコト自体を謎とした場合の カモフラージュ的な意味としてのトリック となる位置付けのモノなので、そのカモフラージュ側の見せ掛けの部屋の扉が開いても別にオカシイ事にはならず、従って 30度ズレの建物構造自体にはトリックとしての意味がある ・・・というコトになりそう。。。

コレはオレの早トチリだった。。。(><)

More
[PR]

by mystery_DsD | 2013-04-03 22:38 | 〓薔薇十字館殺人事件

『薔薇十字館殺人事件』 第12話 - ニオベの像は片腕だった! / 金田一少年の事件簿

『薔薇十字館殺人事件』 もいよいよクライマックスの第12話!
この物語で犯人特定のキーポイントとなる ”3つの発言” が、ツイに明らかに!!

More
[PR]

by mystery_DsD | 2013-04-03 17:15 | 〓薔薇十字館殺人事件